インドアな私がバスツアーに行ったわけ

尾瀬はバスを利用すると便利です

尾瀬沼は只見川の最上流、標高1660メートル、面積は1.81キロ平方メートルなどの特徴があり、国内の中では最も高所に位置する沼と言われています。

尾瀬沼へのアクセスで便利なのが大清水で、尾瀬を代表する登山口の一つになります。沼の南側には三平下と呼ぶ場所があり、大清水から約8.8km、歩行時間は約2時間30分です。大清水は有料駐車場を完備している登山口で、マイカーを使って訪れる時などにも便利です。

但し、マイカーの場合には再び同じ場所に戻って来る必要があるので、歩行ルートもある程度限定されてしまいます。その点、路線バスの場合は、大清水や鳩待峠なども利用が出来るため、バスで大清水に向い、ここから沼や湿原を散策、最終地点に鳩待峠を選べば、ここから上毛高原駅や沼田駅などへのアクセスが可能になります。

大清水へは沼山駅や上毛高原駅からダイレクトでアクセスが可能になりますが鳩待峠の場合は戸倉からシャトルバスを利用する必要があります。また、尾瀬沼へのアクセスは大清水だけでなく、沼山峠からも可能です。

沼山峠は御池からシャトルバスで約20分、御池からは路線バスを利用して会津高原尾瀬口駅まで出る事も可能です。尚、本数はそれほど多くはないので事前に時刻表で確認をしておきましょう。ルートを決める時には時刻表で時間を調べてからがお勧めで、発車時刻の20~30分前ぐらいには到着するようなスケジュールを作る、余裕を持った山行を行うのがポイントです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *