インドアな私がバスツアーに行ったわけ

尾瀬のハイキングの特徴

尾瀬は福島・新潟・群馬の3県にまたがり、至仏山など2、000m級の山に囲まれていて、約東西に12㎞、南北に9㎞の中が湿原に囲まれて沼・滝・つり橋があります。

ハイキングコースは、花を愛でながら進むことができ、植生を主とした自然保護のために歩きやすく整備されています。歩く目標や目的は様々ありますが、ハイキングの初心者やファミリー層におすすめなところです。尾瀬のハイキングは1日では足りないほど広大に敷地なので、事前に群馬側から入るのか・福島側から入るのか滞在時間を元に決めておくと良いです。

またマップを見るとポイントの分岐点ごとの標準タイムや食事・休憩が取れる山小屋、トイレ・水場の記載を確認しておくと、当日にマップとにらめっこせずに、余裕を持って楽しむことが出来ます。そして、主に尾瀬には4つのテーマに分けてコースが存在しています。

初めての尾瀬・初心者の方向けの10㎞くらいの歩くのが不安な方の方の定番コース、交通手段によって必然的に決まってしまうこともありますが、入山口別の異なる特徴のあるコースが存在しています。

それ以外にも山小屋へ泊って2日間のハイキングを楽しめコース取りも自由自在なもの、水芭蕉・ニッコウキスゲなどの花を観賞することを目的の高峰登山はのんびり短時間で楽しむことの出来るコースなど、様々な歩き方が出来ます。色々なコースがありますが、どれも花や景色を楽しみながらのんびり歩き尾瀬流のハイキングを楽しめます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *