インドアな私がバスツアーに行ったわけ

高速バスは低料金がメリットです

高速バスは高速道路上を走るバス路線のことであり、大きく分類すると主要都市間を結び各停留所に停車する昼行バスと、夜間を利用して長距離を走る夜行バスに分類することができます。

旅行ツアーのために設定され高速道路を走行する貸し切りバス(スキーバスなど)や、特定の目的のために高速道路を走行するシャトルバス(空港バスなど)も、広い意味では高速バスの一種だといえるでしょう。高速バスは主に、バス会社や鉄道会社などにより運行されています。昼行バスでは一般的な路線バスと同様に、設定された各停留所から乗車して希望する停留所で下車することができますが、乗車券については事前の予約購入が必要な場合が多いようです。

夜行の長距離バスの場合には座席指定制となっていることがほとんどであり、やはり乗車券の事前予約購入が必要になります。高速バスのメリットとしては、運賃が安いことがあげられます。例えば東京から大阪に向かう場合には、飛行機だと片道2万円から3万円程度が必要になります。鉄道の場合には新幹線で片道1万4千円程度、普通列車でも片道8千円程度が必要です。

高速バスの料金は様々ですが平均で5千円~1万円程度となっていますし、さらにじっくりと探せば格安のチケットを見つけることができます。移動のための費用を節約したい人には最適だといえるでしょう。一方のデメリットとしては、時間がかかることがあげられます。長時間同じ場所に座り続けることが必要になりますし、体質によってはバス酔いしてしまうかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *