インドアな私がバスツアーに行ったわけ

ツアーの幹事が旅行中にやらなければならない事は何か

ツアーの幹事になると、出発前日までは旅程の決定や、公共交通機関や宿泊先の確保など、様々なことをして決行に備えなければなりませんが、ツアーの実施中にも幹事がすべきことはたくさんあります。

ツアーの幹事は、参加者の集合時間の30分ほど前までには集合場所に到着できるように行動します。到着したとき、旅行会社の人も随行する場合はその人と、すぐにバスで移動する場合は運転手やガイドと旅程について打ち合わせを行っておきます。集合時間がきて、全員揃っているのを確認したら、その日のスケジュールの確認を行って出発します。もちろん、予定より早い時間に全員が集まったのであれば、その時点で説明をして移動を始めてもかまいません。

バスでの移動が長時間になるとき、車内に便所が無い場合は道中の適当な場所でトイレ休憩をはさむことになりますが、幹事はこの時も気を抜くことはできません。幹事は、便所に行くためにバスを離れた人を把握し、集合時間が近づいたら車内にいるかどうかを確認する必要があるからです。特に、休憩場所が混雑していると、迷ってしまってバスに戻れなくなる参加者が出るおそれがあるので、より注意深く参加者の様子を見ておく必要があります。

移動中に出るゴミの処理も幹事が責任を持って行わなければならない仕事の一つです。特にバスで移動する場合は、車内で出たゴミは放置せずに持ち帰るのがルールとなっているため、幹事は車内にゴミが残っていないかどうかを確認し、一番最後に降車することを心がけなければなりません。また、降車時には参加者が忘れ物をしていないかどうかを確かめることも重要な仕事です。忘れ物を放置して降車してしまうと、後々大変な事態に発展するおそれがあるので、隅々まで丁寧に忘れ物の有無を確認しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *