インドアな私がバスツアーに行ったわけ

北海道新幹線がもたらすツアーへの良い効果

2016年3月26日に北海道新幹線が開通し、北海道から九州までの区間は新幹線で行き来できるようになりました。

このため、北海道新幹線開通後は札幌や函館を目的地とするツアーが人気となっています。最高気温が30度を超える日が少なく、湿度もさほど高くない夏の北海道は、避暑地として昔から高い人気がありましたが、新幹線が開通したことで乗り換えが減ったことが、人気の原因となっています。例えば東京から札幌へ行く場合は、以前は新青森駅で特急スーパー白鳥や白鳥に乗り換え、函館駅で更に特急スーパー北斗や北斗に乗り換える必要がありました。

しかも青森駅では進行方向が逆になることから、セルフで座席を回転させる必要があり不便を強いられていました。北海道新幹線開通後は、東京駅から新函館北斗駅まで新幹線一本で行くことが可能で、札幌へ向かう場合は特急スーパー北斗か北斗に乗り換え、函館へ向かう場合は函館ライナーに乗り換えるため、函館と札幌いずれの場合も一度の乗り換えだけで済むようになり、移動手段としての使い勝手は大幅に向上しています。

所要時間で比較すると、以前は東京駅から札幌駅まで乗り継ぎ時間を含め9時間から9時間30分程度必要でしたが、北海道新幹線開通後は早ければ8時間前後での到着が可能になったほか、東京と函館間は以前より1時間程度短縮され4時間20分程度で結ばれるようになりました。移動時間が短縮されたことで、東京と北海道を結ぶツアーだけでなく、東北と北海道を結ぶツアーも人気になるなど、新幹線効果は今後益々現れると見られています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *