インドアな私がバスツアーに行ったわけ

ちょっと贅沢なバスツアー

バスツアーと言えば、気軽に行ける反面、決して広くはないバスの中で窮屈な思いをすると考えている人も少なくないでしょう。

実際、そのように思っている人が多いことは事実で、そのためにツアー会社もいろいろと改善策を考えており、ちょっと贅沢なバスツアーもちらほらと見かけるようになってきています。まず、観光バスと言えば、通路を挟んで左右に2つずつ、計4つの座席が並んでいるのが当たり前です。そして、一般的な大型バスでは、これが10列から11列あり、合計でだいたい40席から44席くらいになっています。

ところが、全ての観光バスがこうではありません。贅沢なつくりの観光バスでは、座席を4つ並べるのをやめて3つだけにしています。通路を挟んで1席と2席になっているわけです。そして、列数も10列も11列も設けるのをやめてせいぜい7列か8列程度に抑えています。合計の座席数としては21席から24席程度に留まるわけで、すぐに分かるとおり、一般の観光バスと比べて合計席数はほぼ半分となっています。

言い換えれば、一人当たりの占有面積は倍になっているわけです。その分非常にゆとりがあります。たとえて言えば、JRの在来線の快速電車と、新幹線のグリーン車くらいの開きがあるようなものです。リクライニングも深く倒せますし、レッグレストもあります。このようなバスツアーであれば、目的地はもちろんのこと、行き帰りの車内でもおおいにくつろぎ、楽しめることでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *