インドアな私がバスツアーに行ったわけ

ツアーへの未成年者の参加と同意書

旅行会社があらかじめコースを決めて、電車やホテルなどのさまざまな料金がひとまりになっているパッケージツアーというのは、参加する側にとってみればきわめて便利なものといえます。

このようなパッケージツアーの場合でも、未成年者がひとりで参加をしたいという場合には、申し込みにあたって制限があることもありますので、パンフレットなどで確認をしておく必要があります。たとえば、未成年者がツアーに参加する際には、旅行代理店を経由しての申し込みであればその旅行代理店の店頭に、インターネットで主催している旅行会社に直接申し込みをするのであれば、出発前までにファクシミリや郵便によって、親権者の同意書を提出しなければなりません。

この同意書の内容ですが、ツアーのなかで定められてきる決まりごとや添乗員の指示を守り、もしもこうしたことを守らずにトラブルにあってしまった場合には、その責任は親権者が負うという内容です。要するに、大人であれば当然本人が責任を負うべきものですが、本人が未成年者の場合はそうもいえませんので、親権者があらかじめわきまえて行動するようにというものです。

小学生や中学生の場合であれば、こうした同意書を提出することに加えて、親権者のほうも本人とあわせて参加しなければならない決まりとされていることもあります。もしも同意ができないような場合には、ツアーの申し込みそのものが無効となってしまうこともありますので、注意をしておかなければなりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *